Pocket

kaisya-yametai

 

今現在「会社を辞めたいけど辞められない」という方が実際にいると思います。

実は私自身もそういう状況です。

会社を辞めたい理由は人それぞれ、色々な理由があると思います。

例えば

【1】給料が安いから転職したいけど、転職する勇気がない

【2】会社の人間関係が劣悪なので、会社を辞めたいが、転職が不安。

【3】将来の夢があるので会社を辞めたいが、今辞めると会社に迷惑がかかる

【4】もっと自分を生かせる仕事をしたいが、自分がどんな仕事に向いているのか分からない。

この他にも色々な理由があると思います。

しかし「会社を辞めたいけど辞められない」という人の場合、大別すると下記の2種類のケースになるのではないでしょうか?

【A】会社を辞めたいが、次の仕事の事が不安、辞める勇気がない

【B】ある理由があって、会社を辞めると会社に迷惑がかかる

ですが、これって本当なのでしょうか?

 

【A】会社を辞めたいが、次の仕事の事が不安、辞める勇気がない

確かに、会社に辞めるという行為は「一時的に職を失う」「転職先に何があるのか不安」等不安の方が大きいものです。

ですが、同時に「新しい環境になって新しい自分を発見できる」という利点もあります。

つまりは、会社を辞められないというのは「自分を変える勇気がない」という事です。

「自分を変える」というのは非常に辛い一面があります。

人間は「恒常性」という性質があり、どうしても今のままが心地よいと思うものです。

ですが、逆にこの性質が今の環境の変化に対応できず苦しいと感じる場合が多いのです。

もし「今の自分を変えよう」と考える事ができれば、転職はハードルの高い事ではありません。

また、今の自分を変える勇気があれば、今の職場にも対応できる可能性はあるのです。

 

【B】ある理由があって、会社を辞めると会社に迷惑がかかる

大抵の仕事ができる人や責任感の強い人の場合には、このように思うものです。

しかしながら、この世であなたしかできない仕事はありません。

確かに、専門的な仕事だとそういう一面はありますが、世の中にはあなた以外にもそういう専門的な人がいるものです。

私自身も前の職場で、凄く面倒な対応が必要な案件の仕事を抱えていた時期がありました。

そして私自信「この案件は私以外には担当するのは難しい」と考えていました。

しかし、ある事情でこの案件の仕事を引き継ぐ事になった時がありました。

その結果、実際には他の人でも十分に仕事が回る事が分かりました。

確かに引き継ぎ後の当初はトラブルが続きますが、それも最初の一定の期間に過ぎません。

悲しい事ですが、会社の仕事とは誰でも代替えができるものなのです。

責任感の強い人の場合、少しでも会社に迷惑を掛けたくないものです。

ですが、あなたの人生はあなた自身のものです。

会社を大切にする事は大切ですが、他の人が代替できる仕事によって、あなたの人生を犠牲にして良いものか、今一度考える必要があるのではないでしょうか?

Pocket