Pocket

jibunngawakaranai

 

人間誰しも壁にぶち当たった時や、挫折した時には「自分が分からない」と思うものです。

私自身も約20年デザイナーという仕事をしてきました。

そして「デザインの事が好きだ」と思ってきました。

しかし実際の所は「手に職をつけたい」と思っていただけのようです。

私の性格は「納得のいくまでとことん1つの事をやる事です。」そうゆう事でデザイナーを20年やってきましたが、最近デザイナーに向いていない事に気づきました。

そうなんです。「デザイナーに向いていない」その事に気付くまでに20年もかかってしまったのです。

まあ、今はネットビジネスで成功して自由な生活を手に入れるのが目標なので、デザインの事はきれさっぱり捨てる事にしました。

私自身の経験なので、まあ参考になるかは分かりませんが、もし「自分の事が分からない」と悩んいる方がいたら、それは当たり前の事だと考えて欲しいです。

私は「人生は自分を知るための旅だ」と勝手に思っています。

実際、人は色々な事に挑戦して挫折して悩んで、他人にアドバイスをもらって、また考えて・・・。

とこの繰り返しで、今の自分と将来の自分ができていくのですから。

さらに、将来の自分は、現在の常識では理解や予想ができない未来を生きていくわけです。

未来の影響をどんどん受けて成長するわけですから、今の自分とは全然違う人間になっていくわけです。

そうすると「今の自分を理解しよう」と考えているうちに、未来の自分はどんどん成長していくわけですから、結局理解が追いつかないという現象が起きてきます。

つまり極論になってしまいますが「今の自分を理解しよう」という事時代「不毛」だと言えるかもしれません。

それよりも新しい自分を発見する事に喜びを感じた方が人生楽しいのではないでしょうか?

Pocket