Pocket

hakensyain-yameruriyuu

 

例えば派遣先の会社が長期の派遣社員を希望の場合でも、契約期間は3ヶ月という場合が一般的だと思います。

そういう場合には、派遣社員の側から「契約を更新しません」とは言いにくいのが現実です。

私自身も今現在、まさにこのような状況にあるので、このような状況の気持ちはよく分かります。

私の場合も長期のお仕事で、3ヶ月更新の契約で、1回は契約更新しましたが次回の契約更新はしない予定にしています。

一応派遣先からすると長期の勤務を希望しているのは当たり前なのですが、私的には直属の上司との関係に問題があったので、辞める事にしました。

ですが、契約を更新しない場合には、やはりもっともらしい理由が必要です。

 

【1】よく使われる理由は「親が倒れたので」

私の場合はダブルワークで仕事をしていて、派遣先の仕事のが副業的な位置づけにしているので「本業が忙しくなったので辞める」という設定で行こうと思っています。

ですが、あなたの場合はそういう労働環境でないでしょうから参考にならないかもしれません。

では、一般的にはどのような言い訳が良いのでしょうか。

やはり「人間関係がうまくいかないので辞めます」派遣元と派遣先の会社の立場があるので、それは言えません。

そこでよく使われる退職理由として「親が入院したので」とか「親が倒れたので」という理由にする場合が多いようです。

ですが、そういう嘘丸出しの理由は私的には、あまりオススメしません。

なぜなら嘘であっても「親族を病気にするのは」縁起がよくないからです。

また、どこからか嘘がバレた場合には、かなり悪い印象を与えてしまうでしょう。

 

【2】「親族や親戚の仕事を手伝う事になった」という理由がオススメ

それよりは「親族や親戚の仕事を手伝う事になった」という事にした方が良いのではないでしょうか?

基本的に嘘というのは、最小限の嘘で済む話が一番嘘がばれにくいと言われています。

もし親族や親戚が家業を営んでいれば「人出が足りなくてどうしても手伝わなければいけなくなった。」と言えば、派遣先の方も何も言わないでしょう。

親しい親戚に実業をされていない場合でも、遠い親戚を探せば何人かはいると思います。

そうすれば、もし万が一仕事内容について聞かれた場合にも嘘をつく必要がありません。

親戚の仕事内容をそのまま話せば良いだけです。

逆に「親が病気になった」という設定だと、万が一病気の状態等を聞かれた場合に、嘘をつく必要があり精神的な負担が大きくなります。

嘘をつく場合は1つの嘘で済むようにすると精神的にもラクに嘘をつく事ができるのでオススメです。

Pocket