Pocket

tensyoku-cyuukounen

 

中高年の転職は、転職経験者の声や感想を聞いてみても、やはり大変そうです。

大体の方は書類選考で落とされるようで、面接にこぎつけられるのは10社応募して1社程度のようです。

そこで今回は中高年の方が転職するにあたり気をつけるべき事をご紹介したいと思います。

【1】転職後の収入減を覚悟する

中高年の転職は経験者にしかその苦労は分からないと言われています。

このような転職経験者の中には300社以上面接を受けた方もおられるようです。

また、こういった転職のハードルの高さから収入が4割も減少した人もおり、中高年の転職活動の苛酷さをが想像できます。

中高年の方は家族を養っていかなければならない場合が多く、給料が減るという事事態が死活問題です。

ですが、そこを覚悟しなけらば転職する事ができない時代になっているのかもしれません。

【2】転職まで一時的に生活水準を落とす

中高年の方の転職はなかなか転職先が決まらない事もあり、全く収入がない期間が長く続く場合があります。

このような長い無収入期間のリスクを考えて、今までの生活水準を落とす努力が必要です。

外食を控える事はもちろん、交通費を減らす為に自転車を活用する。

家族がいる方は家族会議を開いて「転職先が決まるまでは家族にも生活水準を落とす」という事に同意をしてもらう事が重要です。

長い戦いが予想されるので、家族の理解と強力は大変に重要です。

【3】転職先が決定するまでの収入を確保する

先にもご紹介させて頂いたとおり、中高年の方が転職するには大変な時間がかかる場合があります。

そう考えると何かしらの方法で収入を確保しておくという事も重要です。

例えば、アルバイトや短気の派遣といった仕事をしても良いですし、最近ではクラウドソーシングサービスもあるので、そういったシステムを活用する事も一つの手です。

ちなみにクラウドソーシングサービスとは「仕事を頼みたい企業や人」と「自宅でできる仕事を探す人」をつなぐインターネットサービスの事です。

有名なクラウドソーシングサービスには、「ランサーズ」「クラウドワークス」があります。

Pocket