Pocket

sigotogaawanai

 

■仕事は3年間は続けるべき?

人は誰しも「今の仕事が自分に合っているのか」と疑問に思うものです。

ですが、このような悩みは誰に相談したら良いのか分からないという方も多いと思います。

一般的には1つの仕事を3年は続けた方が良いと言われています。

私自身もこの意見には賛成です。

それは、1つの仕事に慣れるのには最低3年程度かかるからです。

例えば、この事は学校のクラブ活動を連想すると分かりやすいと思います。

中学や高校には色々なクラブがありますが、クラブに入りたての1年生は右も左も分からず先輩や顧問の先生の指導を受けながらクラブ活動をします。

そして、3年生になると逆に後輩を指導する側にまわり、ある種の充実感も感じる事ができます。

仕事の場合も大抵はこのような感じです。

職場や職種にもよりますが、3年もすれば、その職場ではある程度頼られる存在になっているはずです。

 

■しかし無理に3年間続ける必要はない

ですが、これは一般的な場合であって、これに当てはまらない場合もあります。

例えば体の弱い人には、体を酷使するような激務には耐えるのは難しいでしょうし。

体を動かす事が好きな人にはデスクワークは向かないかもしれません。

また、仕事では人間関係が非常に重要で、性格が合わない上司がいる職場で仕事をするのは非常に辛いものです。

そのほかにも色々と「今の仕事と合わない」と感じる場合は多々あると思います。

例えば、仕事が合う合わないを判断する材料として自分の強み、自分が得意なものと合致していない場合があります。

確かにその場合は、自分の力がうまく発揮できないのですから辛いと感じるのは当然です。

 

■自分の強みを知る方法とは?

ですが、実際に「あなたの強みは何ですか」と聞かれて、的確に答えらる人はいるでしょうか?

人間というものは他人の事はよく分かっても自分の事は分かっていない場合が往々にしてあります。

例えば「あなたはこういう所が良い所だよね。」と知り合いに指摘されて、自分の長所を再発見したという経験は誰にでもあると思います。

では自分の長所や強みは自分では発見できないのでしょうか?

いいえできます。

実は自分の長所を発見できる本がある事をご存知でしょうか?

その本は「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」と呼ばれています。

私自身もこの書籍を読んで、自分の強みを再発見する事ができました。

もし、自分の強みを知る事ができれば、自分の将来についてより明確な人生の指針とする事ができる可能性が出てきます。

「今の仕事が自分に合っているのか」または、自分の強みについて知りたいという方にはオススメの書籍です。

ちなみに「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は、1冊に1つシリアルコードがついています。

このシリアルコードを「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」の専用サイトに入力する事で、自分の強みを発見できる診断テストを受ける事が可能です。

つまり中古の「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」の書籍はシリアルコード使用済なので、役にたちませんのでお気をつけ下さい。

Pocket