Pocket

saitoafiri-ki-wa-do

サイトアフィリで重要な事の1つにキーワード(タイトルの作成方法)があります。

基本的には、サイトのタイトルの場合には「文章の左に行く程、キーワードの重要度が増す」という法則があります。

これはグーグルのアルゴリズムが「文章の左に行く程、キーワードが重要であると認識している」からです。

例えば、サントリーの有名な商品で「セサミン」という商品がありますが、この商品を商標名関連のキーワードで集客しようと考えた場合には「セサミンの効果」等のキーワードとなります。

詳しく解説しますと「セサミンの効果」の検索キーワードは「セサミン 効果」「セサミンの効果」とグーグルやヤフーで検索したきた人を念頭においたキーワードとなります。

そしてこの「セサミンの効果」でサイトタイトル(記事タイトル)をつけるとしたら下記のようになります。

「セサミンの効果【私が実際にセサミンを試した結果こうなりました】」

「セサミンの効果【友達が効かないと言っていたけど実際はどうなの?】

文章内の左の2単語「セサミンの効果」が検索ワードで、右側「私が実際にセサミンを試した結果こうなりました」が補足的な説明となります。

初心者のおかしがちな間違いとして「サイトや記事のタイトル」が検索キーワードを意識してない場合がある事です。

例えばサイトタイトルや記事タイトルが「私が実際にセサミンを試した結果こうなりました」となった場合には、グーグルやヤフーの検索ワードとして下記のようになります。

「私が実際にセサミンを試した」
「私 実際」
「私 実際 セサミン」

いかがでしょうか?

果たして日本のどれだけの人が上記のようなキーワードで検索してくるでしょうか?

さすがに皆無だとは言いませんが、ほぼいないレベルだと考えていいでしょう。

せっかく手間と時間をかけてサイトやブログの記事を書くのですから、このような初歩的な間違いを犯さないように気をつけましょう。

Pocket