Pocket

saidobijinesu-zaitaku

 

最近では、一昔のようなバブル期、高度経済成長期と違い、年功序列や終身雇用という制度もなくなったと言われています。

その為、年を取るにつれて給料が上がっていくという会社システムも崩壊しつつあります。

このような社会情勢からかサイドビジネスや個人企業がもてはやされています。

そこで今回は一般的な会社勤めの方にオススメのサイドビジネスをご紹介します。

 

【1】アフィリエイト

インターネットビジネスにつじて詳しくない方はアフィリエイトと聞いてもピンとこないかもしれません。

アフィリエイトとは自分のホームページを持ち、そこへ広告を掲載する事によって収入を得るビジネスの事です。

しかしアフィリエイトと一概に言っても色々な種類があります。

例えば・・・

・SEOアフィリエイト

・PPCアフィリエイト

・物販アフィリエイト

これらのアフィリエイトに関しては、確かに初心者には難しいかもしれません。

SEOアフィリエイトであれば、SEOの知識が必要ですし、PPCアフィリエイトであればPPC広告に出稿する広告料金が必要です。また物販アフィリエイトであれば、商品選定や商品購入に結びつける為の文章作成の知識が必要です。

ですが、アドセンスを使用したアフィリエイトなら、初心者でも十分稼げる可能性があります。

アドセンスアフィリエイトとは、グーグルアドセンスと呼ばれる広告をクリックされるだけで収入が発生する方式のアフィリエイトです。

ホームページ訪問者に商品を購入してもらう必要がないので、ホームページやブログの訪問者を増やす事で収入を増やしてゆく事が可能です。

 

【2】せどり

私の知り合いや、私の妻が実践しているビジネスです。具体的には安いセール製品を自分で購入し、ヤフーオークションやアマゾンで販売するビジネスです。

利益については、購入金額と販売金額の差額となり、商品数をさばく事で利益を増やしていく事が可能です。

また、最初の段階では自宅にある不要品をヤフーやアマゾンで販売する事によって収入を得る事もできます。

せどりについては、買い物好きな女性や元になる資金がある方にオススメのビジネスです。

純粋な商品売買によって利益が発生していくので、数をこなせば確実に利益が増していきます。

そういう意味では先にご紹介したアフィリエイトビジネスに比べて、より硬いサイトビジネスと呼べるでしょう。

 

【3】文章作成

「インターネットで仕事を募集する企業や人」「働きたい人」を結びつけるクラウドソーシングサービスを活用するサイドビジネスもあります。

有名なサービスには「ランサーズ」「クラウドワークス」があります。

1文章あたり、数十円~数百円の単価となりますが、文章量をこなせば確実に収入が増えていくサイドビジネスです。

インターネット環境とパソコンがあれば、自宅はもちろん、外出先でも仕事ができるので空いた時間を有効活用してお小遣い稼ぎができます。

Pocket