Pocket

dezaina-yametai

 

■デザイナーを辞める為に私がしている事

「デザイナーを辞めたい」そういう風に思うのは、デザイナー経験者なら普通にあるのではないでしょうか?

実は私自信もデザイナーなので、その気持は非常に分かります。

というか、現在私自信も「デザイナーを辞めたい」と思っている人間の一人です。

私自信は現在40代のデザイナーです。

現在は派遣社員としてデザインの仕事をさせて頂いております。

一般的に「デザイナー」と言えば、言葉の響き的にはかっこよく聞こえますが、現実的にはとても良い職業とは言えないのではないでしょうか?

例えばデザイナーは

「給料が安い」

「残業が長い」

「休日出勤が多い(というか休日あるの?)」

「技術職なのに技量に見合った見返りがない」

このような問題があるのが現状ではないでしょうか?

確かに若いうちは「やりがい」と「夢」と「気力」これでデザイナーは十分やっていけます。

ですが30才を過ぎるとだんだんと、将来の事や現実問題を直視するようになります。

私自信、将来はデザイナーを卒業してインターネットビジネス1本でやっていこうと思っています。

現在の所デザイナーとネットビジネスのダブルワークですが、まあ楽しみながら仕事に取り組んでいます。

 

■デザイナーを辞める為にすべき事

もし、あなた自身が本気でザイナーを辞めたいと考えているとしたら、一時的に今よりも辛い状態になる事を覚悟する必要があるかもしれません。

もしデザイナーから他業種へ転職した場合には、なれない仕事で好きでもない仕事をお金だけの為にしなければならないのですから。

しかしながら、本当に転職すると考えている場合でも、今できる事は沢山あります。

まず貯金をする事です。

もし今の職場での給料が安い場合でも「今より安い家賃の物件に引っ越しをする」「実家から通えるならそうすうる」等の方法で少しでも貯金額を増やす事が可能です。

そうして転職に備える経済的な余裕を手に入れる事が重要ではないでしょうか。

また今現在、退社後や休日がある環境ならインターネットビジネス等のダブルワークで違うビジネスへの転職に挑戦してみるのも一つの手です。

最後に、デザイナーの皆さんに幸多い事を願っています。

Pocket